img20200624183208326432.png img20200110193321685253.png img20200110193321674751.png img20200110193321659104.png

NEWS

新着情報

NEWS

新着情報

2020.6.24

オープンWebセミナー『今だから始めるAWSクラウドからリモートワークで身近になるクラウドの世界〜』をオンラインにて開催いたします。

①7月14日(火)10:30〜11:50、②7月16日(木)14:00〜15:20のどちらかにご参加いただけます。

セッション1では、AWS概要、最新動向、学習方法について、AWS認定講師が分かりやすくご案内します。

セッション2では、スペシャルゲストとして、アマゾンウェブサービス大阪支社の山田純子氏をお招きし、「AWSクラウド導⼊サクセスストーリー〜事例から学ぶぼう!導⼊から運⽤までの流れと留意点〜」というタイトルでご講義いただきます。ぜひご参加ください。詳細、お申込みはこちらをご覧ください。

2020.6.08

引き続き、2020年6月8日(月)〜 8月8日(土)の期間、Webセミナーによる受講とさせていただいております。受講日程につきまして、このサイトに記載された日程通り実施する予定ですが、少人数のご参加の場合は、受講生の皆様の状況に応じ、別日程での受講も可能な場合がございます。詳しくはご相談ください。

2020.4.15

新型コロナウイルス対策のため、2020年4月15日(水)〜 6月5日(金)の期間、教室での受講をWeb受講に切り替えております。また、日程につきまして、原則当初日程通り実施する予定ですが、回によっては変動する場合がございます。受講者が少数の場合は、個別に日程のご相談もさせていただけます。

受講をご希望の方は、お手数ですが、お問合せいただきますようお願い申し上げます。

2020. 3. 1

2020年度 特別講座『AWSクラウドコンピューティング講座』の受講生の募集を開始しました。詳しくは、下欄をご覧ください。

2020. 6. 24

オープンWebセミナー『今だから始めるAWSクラウド〜リモートワークで身近になるクラウドの世界』をオンラインにて開催いたします。

①7月14日(火)10:30〜11:50②7月16日(木)14:00〜15:20のどちらかにご参加いただけます。

セッション1では、AWS概要、最新動向、学習方法のご案内をAWS認定講師が分かりやすくご案内します。

セッション2では、スペシャルゲストとして、アマゾンウェブサービス大阪支社の山田純子氏をお招きし、「AWSクラウド導⼊サクセスストーリー〜事例から学ぶぼう!導⼊から運⽤までの流れと留意点〜」というタイトルでご講義いただきます。ぜひご参加ください。詳細・お申込みは、こちらをご覧ください。

2020. 6. 8

引き続き、2020年6月8日(月)〜 8月8日(土)の期間、Webセミナーによる受講とさせていただいております。受講日程につきまして、このサイトに記載された日程通り実施する予定ですが、少人数のご参加の場合は、受講生の皆様の状況に応じ、別日程での受講も可能な場合がございます。詳しくはご相談ください。

2020.4.15

新型コロナウイルス対策のため、2020年4月15日(水)〜 6月5日(金)の期間、教室での受講をWeb受講に切り替えております。また、日程につきまして、原則当初日程通り実施する予定ですが、回によっては変動する場合がございます。受講者が少数の場合は、個別に日程のご相談もさせていただけます。

受講をご希望の方は、お手数ですが、お問合せいただきますようお願い申し上げます。

2020. 3. 1

2020年度 特別講座『AWSクラウドコンピューティング講座』の受講生の募集を開始しました。詳しくは、下欄をご覧ください。

AWSクラウド
コンピューティング講座

開講情報

AWSクラウドコンピューティング講座のご案内

開講情報


コロナウイルス対策によるWeb受講による開講のお知らせ

新型コロナウイルス対策のため、引き続き、2020年6月8日(月)〜8月8日(土)の期間、Webセミナーによる受講に切り替えております。
開講日程につきましては、原則としては掲載された日程通り実施する予定ですが、実施回によっては変動する場合がございます。また、受講者が少数の場合は、ご希望により個別に日程のご相談もさせていただけます。

コロナウイルス対策によるWeb受講による開講のお知らせ

新型コロナウイルス対策のため、引き続き、2020年6月8日(月)〜8月8日(土)の期間、Webセミナーによる受講に切り替えております。
開講日程につきましては、原則としては掲載された日程通り実施する予定ですが、実施回によっては変動する場合がございます。また、受講者が少数の場合は、ご希望により個別に日程のご相談もさせていただけます。

『AWSクラウド基礎講座(入門コース)』

  • ● 基礎講座(最大20時間)でAWS概要と関連IT知識を整理できます。
  • ● A日程=「クラウドベーシッククラス」、B日程= 「Web構築クラス」の15の選択科目から最大10科目を目的に合わせて受講可能。効率的に学習できます。
  • ● AWSが提供するWeb学習プログラム『AWS Educate』を無料で利用でき、個別サポートでキャリアパスごとの学習も支援します。
  • ● IT関連業務の経験知識のある社会人、IT知識・スキルを高めたい学生の方を対象としています。
  • ● 初歩的なIT知識の方も受講していただけます。

LinkIcon詳細はこちらをご覧ください


『AWSクラウド基礎講座(入門コース)』

  • ● 基礎講座(最大20時間)でAWS概要と関連IT知識を整理できます。
  • ● A日程=「クラウドベーシッククラス」、B日程= 「Web構築クラス」の15の選択科目から最大10科目を目的に合わせて受講可能。効率的に学習できます。
  • ● AWSが提供するWeb学習プログラム『AWS Educate』を無料で利用でき、個別サポートでキャリアパスごとの学習も支援します。
  • ● IT関連業務の経験知識のある社会人、IT知識・スキルを高めたい学生の方を対象としています。
  • ● 初歩的なIT知識の方も受講していただけます。
  • LinkIcon詳細はこちらをご覧ください

『AWS Academy』講座

  • 学生(大学生、大学院生、専門学校生)の方、または講座Ⅰの受講生として登録中の社会人の方を対象にした講座です。
  • ● AWSによって教育機関に提供されるトレーニングプログラム『AWS Academy』(Cloud Foundations = 初級レベル、Cloud Architecting = 中級レベル)によって、AWS認定資格を取得するために必要な知識とスキルを、AWS Academy認定講師から効率よく学ぶことができます。
  • ● 初級レベルは、座学+ハンズオン(総約20時間)でAWS認定資格『Cloud プラクティショナー』の試験に対応!
  • ● 中級レベルは、座学+ハンズオン (総約40時間)でAWS認定資格『Solution Architect Associate』の試験に対応!

『AWS Academy』講座

  • ● 学生(大学生、大学院生、専門学校生)の方、または講座Ⅰの受講生として登録中の社会人の方を対象にした講座です。
  • ● AWSによって教育機関に提供されるトレーニングプログラム『AWS Academy』(Cloud Foundations = 初級レベル、Cloud Architecting = 中級レベル)によって、AWS認定資格を取得するために必要な知識とスキルを、AWS Academy認定講師から効率よく学ぶことができます。
  • ● 初級レベルは、座学+ハンズオン(総約20時間)でAWS認定資格『Cloud プラクティショナー』の試験に対応!
  • ● 中級レベルは、座学+ハンズオン (総約40時間)でAWS認定資格『Solution Architect Associate』の試験に対応!

LinkIcon詳細はこちらをご覧ください


講座Ⅰ: AWSクラウド入門講座

AWS Cloud Seminar for Beginners

講座Ⅰ: AWSクラウド入門講座

AWS Cloud Seminar for Beginners

 
『AWSクラウド入門講座』は、AWS基礎および関連するIT知識を身につける講義を教室で受講しながら、併行して、Amazonが提供するWeb自学プログラム『AWS Educate』をオンラインで受講することにより、ITエンジニア職種別のキャリアパスための知識とスキルを身につける講座です。
IT関連業務の経験、知識のある社会人の方、IT関連知識・スキルを高めたい学生の方を対象にしており、初歩的なIT知識がある方も受講していただけます。
 
この講座は、一部の必須科目を除き、受講生各自のITレベルや目的によって、2つの講座日程(全15科目)の中から最大10科目を自由に選択して受講できます。
本講座は、A日程、B日程の2つのパターンがあり、別日程で交互に実施されます。
各日程、前半5日間(10時間)は共通の授業内容ですが、後半5日間(10時間)は、A日程:AWSベーシッククラス、B日程:Web構築クラス となっています。
 

日程
 AWSクラウド基礎講座概要
(教室受講)

AWS Educate 
(自学)
A日程
【前半】
AWS概要・基本サービス理解
および関連IT基礎

(10時間 / 5日間)

【後半】
AWSべーシッククラス
(10時間 / 5日間)

オンラインで
各自受講

個別学習
サポート
 B日程
【前半】
AWS概要・基本サービス理解
および関連IT基礎
(10時間 / 5日間)

【後半】
Web構築クラス
(10時間 / 5日間)



*日程の詳細はこちらをご覧ください。
 
全受講日数が10日以内で、異なる科目であれぱ、どちらの日程のどのクラスの受講も可能です。どのクラスを受講するかは、受講前に登録していただきます。
各日程の科目の内容は、次の通りです。
 
No. 科目名
授業内容

日程区分
 
1

 講座概要 と AWS Educate の使い方    講座全体の概要 と 利用リソースについて A・B
共通 

2

 IT基礎 再確認  解説で使用する単語や基礎知識

3

 基本的なサービスについて  オンプレ環境互換となるサービスについて

4

 サーバレスの簡易事例と実践  クラウド特有のサーバレスの考え方と実践

5

 マイクロサービス と 結合の考え方  マイクロサービスという考え方と実践

6

 チーム開発 と DevOps  IT企業で必要になるチーム開発と関連サービス A

7

 データレイク と ストレージサービス  データレイクの概念とストレージサービス

8

 機械学習、AI 基礎  機械学習 と AI の学習に必要な単語や概念

9

 クラウドにおける追跡性と管理  クラウド自体の利用状況の管理や追跡に関して

10

 クラウド時代の需要とキャリアパス  現在・今後必要とされる需要やキャリアパスについて

11

 Webインフラの構築と管理  サービス比較、アプリケーションサーバ、SLL証明書 B

12

 Web決済手段について  決済手段の種類、クレジットカードの種類・セキュリティ、関連法規

13

 Web技術紹介 2020  Webで採用されている最新技術

14

 EC2テスト環境構築  仮想ホスト環境構築の方法と実践

15

 Web関連の厄介事  Web構築における様々な課題とその解決と対策
 

 
また、このコースの受講生の方は、Amazonによって教育機関に提供されている『AWS Educate』プログラムで自学トレーニングを行うことができます。『AWS Educate』は、ITエンジニア職種別のキャリアパスを明確にし、そのためのスキルを学習することができます。
 

 
『AWSクラウド入門講座』は、AWS基礎および関連するIT知識を身につける講義を教室で受講しながら、併行して、Amazonが提供するWeb自学プログラム『AWS Educate』をオンラインで受講することにより、ITエンジニア職種別のキャリアパスための知識とスキルを身につける講座です。
IT関連業務の経験、知識のある社会人の方、IT関連知識・スキルを高めたい学生の方を対象にしており、初歩的なIT知識がある方も受講していただけます。
 
この講座は、一部の必須科目を除き、受講生各自のITレベルや目的によって、2つの講座日程(全15科目)の中から最大10科目を自由に選択して受講できます。
本講座は、A日程、B日程の2つのパターンがあり、別日程で交互に実施されます。
各日程、前半5日間(10時間)は共通の授業内容ですが、後半5日間(10時間)は、A日程:AWSベーシッククラス、B日程:Web構築クラス となっています。
 

日程
 AWSクラウド基礎講座概要
(教室受講)

AWS Educate 
(自学)
A日程
【前半】
AWS概要・基本サービス理解および関連IT基礎
(10時間 / 5日間)

【後半】
AWSべーシッククラス
(10時間 / 5日間)

オンラインで各自受講

個別学習サポート
 B日程
【前半】
AWS概要・基本サービス理解および関連IT基礎
(10時間 / 5日間)

【後半】
Web構築クラス
(10時間 / 5日間)



 LinkIcon*日程の詳細はこちらをご覧ください。
 
全受講日数が10日以内で、異なる科目であれぱ、どちらの日程のどのクラスの受講も可能です。どのクラスを受講するかは、受講前に登録していただきます。
各日程の科目の内容は、以下の通りです。
 
No. 科目名
授業内容

日程区分
 
1

 講座概要 と AWS Educate の使い方    講座全体の概要 と 利用リソースについて A・B
共通 

2

 IT基礎 再確認  解説で使用する単語や基礎知識

3

 基本的なサービスについて  オンプレ環境互換となるサービスについて

4

 サーバレスの簡易事例と実践  クラウド特有のサーバレスの考え方と実践

5

 マイクロサービス と 結合の考え方  マイクロサービスという考え方と実践

6

 チーム開発 と DevOps  IT企業で必要になるチーム開発と関連サービス A

7

 データレイク と ストレージサービス  データレイクの概念とストレージサービス

8

 機械学習、AI 基礎  機械学習 と AI の学習に必要な単語や概念

9

 クラウドにおける追跡性と管理  クラウド自体の利用状況の管理や追跡に関して

10

 クラウド時代の需要とキャリアパス  現在・今後必要とされる需要やキャリアパスについて

11

 Webインフラの構築と管理  サービス比較、アプリケーションサーバ、SLL証明書 B

12

 Web決済手段について  決済手段の種類、クレジットカードの種類・セキュリティ、関連法規

13

 Web技術紹介 2020  Webで採用されている最新技術

14

 EC2テスト環境構築  仮想ホスト環境構築の方法と実践

15

 Web関連の厄介事  Web構築における様々な課題とその解決と対策
 

 
また、このコースの受講生の方は、Amazonによって教育機関に提供されている『AWS Educate』プログラムで自学トレーニングを行うことができます。『AWS Educate』は、ITエンジニア職種別のキャリアパスを明確にし、そのためのスキルを学習することができます。
 

 

『AWS Educate』は、AWS ( Amazon Web Services ) が教育機関向けに提供している自習用のWEB学習プログラムです。AWSの基礎知識・スキルを総合的に学ぶことができ、クラウド業界へのキャリアパス支援、AWS認定取得のための土台としても活用できます。クラウドの技術を担う12の職種へのキャリアパスごとのカリキュラムとプログラムが提供されています。大阪YMCAは、AWS Educateの加盟校として登録されており、受講生は無料でこのプログラムを利用して自習することができます。
 
 AWS Educateについて
AWS Educate加盟校リスト(AWSサイト)

 

『AWS Educate』は、AWS ( Amazon Web Services ) が教育機関向けに提供している自習用のWEB学習プログラムです。AWSの基礎知識・スキルを総合的に学ぶことができ、クラウド業界へのキャリアパス支援、AWS認定取得のための土台としても活用できます。クラウドの技術を担う12の職種へのキャリアパスごとのカリキュラムとプログラムが提供されています。大阪YMCAは、AWS Educateの加盟校として登録されており、受講生は無料でこのプログラムを利用して自習することができます。
 
AWS Educateについてはこちらをご参照ください。
AWS Educate加盟校リスト(AWSサイト)

 

A・B日程共通 

AWSの概要を理解し、導入の手順を描く!
EC2、S3、LambdaなどAWSの主要サービス内容と具体的な活用実例を学び、広汎なサービス概要を理解します。導入の具体的手順を描けるようになり、効果的に導入・活用する技術を身につけます。さらに、進化し続けるAWSの習熟ポイントを押さえます。
 
コスト削減のノウハウを具体的事例から学ぶ
クラウド導入の利点の1つはコスト削減。導入・維持費が大きいオンプレミス環境にあるIT関連インフラやシステム環境を完全従量制のAWSに移行し、様々な面でコスト削減に成功した事例から、効率化の実現方法について学びます。
 
各種システムやサービスの開発・検証環境をクラウド化する
常に最新のクラウド環境を享受でき、事業やシステムの規模に柔軟に対応できるスケーラブルなAWS。迅速かつ適切にサーバレスホスティングを行う手法、スピーディーかつ低コストで各種の業務システムの開発・検証環境を整備する方法を学びます。
 

 A日程

機械学習・データ分析の基礎を学ぶ
ますます重要となるAI/機械学習。その基盤となるデータレイクやデータ分析の概念についても学習します。社内に蓄積したデータを事業開発やマーケティングなどビジネスに活かしていく基礎となります。
 
クラウドの利用管理方法と今後の需要・キャリアパスを知る
使用しているクラウドそのものについて、利用状況の把握と管理、追跡に関して学びます。また、日進月歩のAWSで今後どのような需要があるか、そのためのキャリアパスはどのように予測されるかなどについて解説します。
 

 B日程

AWSでWeb構築を実践するためのポイント学ぶ
EC2などの仮想環境上でWeb構築する際に押さえておくべき知識、実践スキルを学びます。また、Web決済や関連法規についても学びます。
 
最新のWeb構築の動向を押さえ、テスト環境を構築する
現在最新のWeb技術がどのような目的と変遷で採用されているのかを知るとともに、その実践としてテスト環境を構築します。その他、Web構築・管理業務関連で問題となりやすいトピックを取り上げ、解決方法と対策について考察します。

 

A・B日程共通 

AWSの概要を理解し、導入の手順を描く!
EC2、S3、LambdaなどAWSの主要サービス内容と具体的な活用実例を学び、広汎なサービス概要を理解します。導入の具体的手順を描けるようになり、効果的に導入・活用する技術を身につけます。さらに、進化し続けるAWSの習熟ポイントを押さえます。
 
コスト削減のノウハウを具体的事例から学ぶ
クラウド導入の利点の1つはコスト削減。導入・維持費が大きいオンプレミス環境にあるIT関連インフラやシステム環境を完全従量制のAWSに移行し、様々な面でコスト削減に成功した事例から、効率化の実現方法について学びます。
 
各種システムやサービスの開発・検証環境をクラウド化する
常に最新のクラウド環境を享受でき、事業やシステムの規模に柔軟に対応できるスケーラブルなAWS。迅速かつ適切にサーバレスホスティングを行う手法、スピーディーかつ低コストで各種の業務システムの開発・検証環境を整備する方法を学びます。
 

 A日程

機械学習・データ分析の基礎を学ぶ
ますます重要となるAI/機械学習。その基盤となるデータレイクやデータ分析の概念についても学習します。社内に蓄積したデータを事業開発やマーケティングなどビジネスに活かしていく基礎となります。
 
クラウドの利用管理方法と今後の需要・キャリアパスを知る
使用しているクラウドそのものについて、利用状況の把握と管理、追跡に関して学びます。また、日進月歩のAWSで今後どのような需要があるか、そのためのキャリアパスはどのように予測されるかなどについて解説します。
 

 B日程

AWSでWeb構築を実践するためのポイント学ぶ
EC2などの仮想環境上でWeb構築する際に押さえておくべき知識、実践スキルを学びます。また、Web決済や関連法規についても学びます。
 
最新のWeb構築の動向を押さえ、テスト環境を構築する
現在最新のWeb技術がどのような目的と変遷で採用されているのかを知るとともに、その実践としてテスト環境を構築します。その他、Web構築・管理業務関連で問題となりやすいトピックを取り上げ、解決方法と対策について考察します。
 

AWSクラウド基礎講座(入門コース)概要

受講対象
1. 学生(専門学校生、大学生、大学院生) ※18歳以上

2. 社会人:以下の職種の経験者が望ましいですが、初歩的なIT知識のある方も受講していただけます。
 ○ITエンジニア(研究・開発・技術)
 ○社内ITインフラ担当
 ○ITサービス開発者
 ○AWS技術者・管理者を目指すIT担当者

受講形態  
1. AWSクラウド基礎講座(入門コース:教室での講義)
 全10回(1回2時間、20時間)
 受講登録期間内(※後述)に最大全10回分の講義を受講していただきます。
 受講者のIT知識・経験のレベルに応じて、一部の必須科目以外については、自由選択となります。
 目的別にA日程、B日程があり、以下の違いがあります。
 ・前半の5日間(10時間)はA・B日程共通科目
 ・後半の5日間(10時間)は、A日程=クラウドベーシッククラス、B日程=Web構築クラス
 受講生は、異なる科目であれば、A・B日程に関わりなく受講科目を選択して授業が受けられます。
 受講登録の際に、受講する科目を予めWebで登録していただきます。
 詳しくはお問い合わせください。
 なお、10回の講義のうち、受講できなかった回は、受講登録期間内(※後述)の異なる開講日程で振替受講も可能です。

2. AWS Educate(AWSが提供するWeb教育プログラム 自学形式)
 AWSが教育機関向けに提供している自学用のWeb教材集です。
 本講座の受講生は各自に発行されたアカウントを利用して、
 受講登録期間内であれば、いつでも自由に受講していただけます。

受講期間
受講登録期間は、12か月とし、初回登録日から数えて11か月目の月末を登録終了日とします。
例:2020年4月1日に登録した場合、2021年4月30日が登録終了日となります。


2019年度
開講日程
各期平日のみ(祝祭日を除く)の開講となります。
第1回 2020. 4.   1(水)〜 4. 14(火)※後半:通常基礎クラス
第2回 2020. 4. 15(水)〜 4. 28(火)※後半:Web構築クラス
第3回 2020. 5. 11(月)〜 5. 22(金)※後半:通常基礎クラス
第4回 2020. 5. 25(月)〜 6.   5(金)※後半:Web構築クラス
第5回 2020. 6.   8(月)〜 6. 19(金)※後半:通常基礎クラス
第6回 2020. 6. 22(月)〜 7.   3(金)※後半:Web構築クラス
第7回 2020. 7.   6(月)〜 7. 17(金)※後半:通常基礎クラス
第8回 2020. 7. 27(月)〜 8.   7(金)※後半:Web構築クラス
第9回 2020. 8. 17(月)〜 8. 28(金)※後半:通常基礎クラス
第10回  2020. 8. 31(月)〜 9. 11(金)※後半:Web構築クラス
第11回  2020. 9. 14(月)〜 9. 29(火)※後半:通常基礎クラス
 
こちらもご覧ください。

場 所

 
大阪YMCA PCルーム

550-0001 大阪市西区土佐堀1-5-6  <<こちらをご覧ください>>

定 員  
各開講クラス 20名 

教 材
PDFテキスト配布、実習

受講料
35,000円(税込、授業料・教材費を含む)

受講申請方法  
>>  お申込み手続きはこちらから

その他
■PCは各自ノートパソコンなどをご持参いただくことをお勧めいたします。
 ただし、タブレット、スマホでは受講いただくことはできません。

■会場のPCをご利用いただくことも可能です。

※PCのご利用については、お申込時に確認させていただきます。

AWSクラウド基礎講座(入門コース)概要

受講対象
1. 学生(専門学校生、大学生、大学院生) ※18歳以上

2. 社会人:以下の職種の経験者が望ましいですが、初歩的なIT知識のある方も受講していただけます。
 ○ITエンジニア(研究・開発・技術)
 ○社内ITインフラ担当
 ○ITサービス開発者
 ○AWS技術者・管理者を目指すIT担当者

受講形態  
1. AWSクラウド基礎講座(入門コース:教室での講義)
 全10回(1回2時間、20時間)
 受講登録期間内(※後述)に最大全10回分の講義を受講していただきます。
 受講者のIT知識・経験のレベルに応じて、一部の必須科目以外については、自由選択となります。
 目的別にA日程、B日程があり、以下の違いがあります。
 ・前半の5日間(10時間)はA・B日程共通科目
 ・後半の5日間(10時間)は、A日程=クラウドベーシッククラス、B日程=Web構築クラス
 受講生は、異なる科目であれば、A・B日程に関わりなく受講科目を選択して授業が受けられます。
 受講登録の際に、受講する科目を予めWebで登録していただきます。
 詳しくはお問い合わせください。
 なお、10回の講義のうち、受講できなかった回は、受講登録期間内(※後述)の異なる開講日程で振替受講も可能です。

2. AWS Educate(AWSが提供するWeb教育プログラム 自学形式)
 AWSが教育機関向けに提供している自学用のWeb教材集です。
 本講座の受講生は各自に発行されたアカウントを利用して、
 受講登録期間内であれば、いつでも自由に受講していただけます。

受講期間
受講登録期間は、12か月とし、初回登録日から数えて11か月目の月末を登録終了日とします。
例:2020年4月1日に登録した場合、2021年3月31日が登録終了日となります。

2019年度
開講日程
各期平日のみ(祝祭日を除く)の開講となります。
第1回 2020. 4. 1(水)〜 4. 14(火)※後半:通常基礎クラス
第2回 2020. 4. 15(水)〜 4. 28(火)※後半:Web構築クラス
第3回 2020. 5. 11(月)〜 5. 22(金)※後半:通常基礎クラス
第4回 2020. 5. 25(月)〜 6. 5(金)※後半:Web構築クラス
第5回 2020. 6. 8(月)〜 6. 19(金)※後半:通常基礎クラス
第6回 2020. 6. 22(月)〜 7. 3(金)※後半:Web構築クラス
第7回 2020. 7. 6(月)〜 7. 17(金)※後半:通常基礎クラス
第8回 2020. 7. 27(月)〜 8. 7(金)※後半:Web構築クラス
第9回 2020. 8. 17(月)〜 8. 28(金)※後半:通常基礎クラス
第10回 2020. 8. 31(月)〜 9. 11(金)※後半:Web構築クラス
第11回 2020. 9. 14(月)〜 9. 29(火)※後半:通常基礎クラス
 
こちらの日程ページもご覧ください。

場 所

 
大阪YMCA PCルーム

550-0001 大阪市西区土佐堀1-5-6  <<こちらをご覧ください>>

定 員  
各開講クラス 20名 

教 材
PDFテキスト配布、実習

受講料
35,000円(税込、授業料・教材費を含む)

受講申請方法  
>>  お申込み手続きはこちらから

その他
■PCは各自ノートパソコンなどをご持参いただくことをお勧めいたします。
 ただし、タブレット、スマホでは受講いただくことはできません。

■会場のPCをご利用いただくことも可能です。

※PCのご利用については、お申込時に確認させていただきます。

講座Ⅱ: AWS Academy 講座

AWS Academy Seminar

講座Ⅱ: AWS Academy 講座

AWS Academy Seminar

AWS Academyは、AWSによって高等教育機関向けに提供されるAWS学習プログラムです。AWS認定の取得を目的としていますが、受講者は、実践的な実習体験によってAWSクラウドコンピューティングのスキルを習得することができ、クラウド業界の業務に従事するために必要な実世界での経験を身に付けることができます。
大阪YMCAでは、初級コースであるAWS Academy Cloud Foundations、中級コースであるAWS Academy クラウドアーキテクティングの2つのコースをAWSが提供するプログラムによって開講いたします。
 

AWS Academyは、AWSによって高等教育機関向けに提供されるAWS学習プログラムです。AWS認定の取得を目的としていますが、受講者は実践的な実習体験によってAWSクラウドコンピューティングのスキルを習得することができ、クラウド業界の業務に従事するために必要な実世界での経験を身に付けることができます。
大阪YMCAでは、初級コースであるAWS Academy Cloud Foundations、中級コースであるAWS Academy クラウドアーキテクティングの2つのコースをAWSが提供するプログラムによって開講いたします。
 

 Ⓐ AWS Academy (初級)
Cloud Foundations
 
AWS Academy Cloud Foundations講座(初級コース)では、クラウドの概念、AWS の主要なサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要について詳しく説明します。所要時間は約 20 時間で、受講生が AWS 認定クラウドプラクティショナーになるための準備ができるよう設計されています。

 Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations (初級)

 
AWS Academy Cloud Foundations講座(初級コース)では、クラウドの概念、AWS の主要なサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポートの概要について詳しく説明します。所要時間は約 20 時間で、受講生が AWS 認定クラウドプラクティショナーになるための準備ができるよう設計されています。

 Ⓑ AWS Academy (中級)
クラウドアーキテクティング
 
AWS Academy Cloud Architecting 講座(中級コース)では、クラウドコンピューティングにおける技術的専門知識と、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトに従事するために必要なスキルの指導に焦点を当てます。このコースの所用時間は約 40 時間で、講義、ハンズオンラボ、プロジェクト作業を通して学習します。参加者は、コースマニュアル、オンライン上の知識の認定テスト、ハンズオンラボ、無料の模擬試験、認定試験の割引バウチャーを利用できます。

 Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級)

 
AWS Academy Cloud Architecting 講座(中級コース)では、クラウドコンピューティングにおける技術的専門知識と、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトに従事するために必要なスキルの指導に焦点を当てます。このコースの所用時間は約 40 時間で、講義、ハンズオンラボ、プロジェクト作業を通して学習します。参加者は、コースマニュアル、オンライン上の知識の認定テスト、ハンズオンラボ、無料の模擬試験、認定試験の割引バウチャーを利用できます。

AWS Academy 講座概要
受講対象
1. 学生(専門学校生、大学生、大学院生) ※18歳以上

2. 社会人の方は、講座Ⅰ(AWSクラウドコンピューティング講座)の受講登録が必要となります。

 ○ITエンジニア(研究・開発・技術)
 ○社内ITインフラ担当
 ○ITサービス開発者
 ○AWS技術者・管理者を目指すIT担当者

受講形態  
教室での講義・ハンズオンラボ・実習

受講日・時間
Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations(初級コース)

2020年度前期
第1回 2020. 4.   4(土)・ 4. 11(土)・ 4. 18(土)
第2回 2020. 5. 30(土)・ 6 .  6(土)・ 6. 13(土)
第3回 2020. 7. 25(土)・ 8 .  1(土)・ 8 .  8(土)
全3日間(全約20時間、1日約7時間)

Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級コース)

第1回 2020. 4. 25(土)・5. 2(土)・5. 9(土)・5.16(土)・5.23(土)
第2回 2020. 6. 20(土)・6. 27(土)・7. 4(土)・7.11(土)・7.18(土)
第3回 2020. 8. 22(土)・8. 29(土)・9. 5(土)・9.12(土)・9.19(土)

*実際の受講時間については、お問い合わせください。


場 所

 
大阪YMCA 7階 PCルーム

550-0001 大阪市西区土佐堀1-5-6  <<こちらをご覧ください>>

定 員  
Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations(初級コース)各回 20名

Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級コース)各回 20名

教 材
PDFテキスト配布、実習

受講料
Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations(初級コース)
 40,000円(税込、授業料・教材費を含む)

Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級コース)
 80,000円(税込、授業料・教材費を含む)

受講申請方法  
>> お申込み手続きはこちらから

その他
■PCは各自ノートパソコンなどをご持参いただくことをお勧めいたします。
 ただし、タブレット、スマホでは受講いただくことはできません。

■会場のPCをご利用いただくことも可能です。

※PCのご利用については、お申込時に確認させていただきます。

AWS Academy 講座概要

受講対象
1. 学生(専門学校生、大学生、大学院生) ※18歳以上

2. 社会人の方は、講座Ⅰ(AWSクラウドコンピューティング講座)の受講登録が必要となります。

 ○ITエンジニア(研究・開発・技術)
 ○社内ITインフラ担当
 ○ITサービス開発者
 ○AWS技術者・管理者を目指すIT担当者

受講形態  
教室での講義・ハンズオンラボ・実習

受講日・時間 Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations(初級コース)

2020年度前期
第1回 2020. 4. 4(土)・ 4. 11(土)・ 4. 18(土)
第2回 2020. 5. 30(土)・ 6 . 6(土)・ 6. 13(土)
第3回 2020. 7. 25(土)・ 8 . 1(土)・ 8 . 8(土)
全3日間(全約20時間、1日約7時間)

Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級コース)

第1回 2020. 4. 25(土)・5. 2(土)・5. 9(土)・5.16(土)・5.23(土)
第2回 2020. 6. 20(土)・6. 27(土)・7. 4(土)・7.11(土)・7.18(土)
第3回 2020. 8. 22(土)・8. 29(土)・9. 5(土)・9.12(土)・9.19(土)

*実際の受講時間については、お問い合わせください。
場 所

 
大阪YMCA 7階 PCルーム

550-0001 大阪市西区土佐堀1-5-6  <<こちらをご覧ください>>

定 員  
Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations(初級コース)各回 20名

Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級コース)各回 20名

教 材
PDFテキスト配布、実習

受講料
Ⓐ AWS Academy Cloud Foundations(初級コース)
 40,000円(税込、授業料・教材費を含む)

Ⓑ AWS Academy クラウドアーキテクティング(中級コース)
 80,000円(税込、授業料・教材費を含む)

受講申請方法  
>> お申込み手続きはこちらから

その他
■PCは各自ノートパソコンなどをご持参いただくことをお勧めいたします。
 ただし、タブレット、スマホでは受講いただくことはできません。

■会場のPCをご利用いただくことも可能です。

※PCのご利用については、お申込時に確認させていただきます。

 *商標について
 Amazon Web Services、 AWS Educateおよび”Powered by AWS Educate”ロゴなどの AWS商標は、米国その他の諸国におけるAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。


※1. 米国調査会社Synergy Research Groupが2019年10月発表した2019年第3四半期におけるクラウドインフラサービスの調査結果による。
※2. 『日経 x TECH』(日経PB社)が2018年10月公表したアンケート結果による。

お問い合わせ

 
大阪YMCA  ICT教育センター
06-6441-5089  担当:船戸、糸山
ict-edu@osakaymca.org
  

アクセス

●地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車3号出口から土佐堀通りを西へ徒歩5分
●地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅4号出口から土佐堀通りを西へ徒歩約12分
●京阪中之島線「中之島」駅下車6号出口から徒歩9分
●京阪中之島線「渡辺橋」駅下車 7号出口から徒歩11分
●大阪市バス(大阪駅前バスターミナル)75 なんば行、88天保山行に乗車、「土佐堀1丁目」下車すぐ
 

MAP

大阪YMCA 大阪市西区土佐堀1-5-6

お問い合わせ

大阪YMCA  ICT教育センター
06-6441-5089   担当:船戸、糸山
ict-edu@osakaymca.org
  

アクセス

●地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車3号出口から土佐堀通りを西へ徒歩5分
●地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅4号出口から土佐堀通りを西へ徒歩約12分
●京阪中之島線「中之島」駅下車6号出口から徒歩9分
●京阪中之島線「渡辺橋」駅下車 7号出口から徒歩11分
●大阪市バス(大阪駅前バスターミナル)75 なんば行、88天保山行に乗車、「土佐堀1丁目」下車すぐ

 

 
MAP
大阪YMCA会館 大阪市西区土佐堀1-5-6